気流調整

気(体中に流れている生命エネルギー、この気が流れていることが生きている証とも言える)が、からだの中を自由自在に駆け巡っている時、人は生き生きと生活してゆけます。健康であることすら意識せずにのびのびと仕事をこなし、生活を楽しんでいる状態です。
しかし、一度この気の流れが滞ると人は不調を感じ、不安を感じ、意欲を失い、楽しむことはもとより、ひどい時には動くことすら出来なくなり、苦しみます。自律神経の失調やうつ症状等も、この気の流れの異常や気の部分的な偏り、欠乏等により引き起こされるのです。

気の流れを阻害する条件

気の流れを阻害する条件は沢山あります。
・気象変動
・地震直前の地殻の歪み
・季節の影響
・霊障
・人の念
・気学や風水のいう運気の変動や低下
・物や天体の引力
・地場、磁気、電磁波
・怪我による気の漏出
・病による気量の減少
・運動や作業による過労
当院では、それぞれの方の気の流れが阻害されている原因を探り出し、それぞれのケースに合った最善の方法で調整を進めて行き、心身の復活、機能回復、意欲向上をご提供いたします。

傷の治療

からだに傷を受けたときにはその傷から本来は漏れるはずのない気が漏れだすようになってしまいます。

それは、ケガや手術などにより瞬間的に入り込んでしまった相手の気や念、その場所や道具、物などの気によって起こります。

 

それらが自分よりもバイブレーションの低い気(邪気)を持っていたとすると大変です、傷の周辺は部位に入り込んだ邪気によって気が浪費されたり吸い取られたり漏れたりして消耗し、細胞の活動が低下します、その結果、周辺の筋は固くちぢみ、血管やリンパ管を圧迫し体液の循環や物質のやり取りは大幅に遅れてしまうのです。当然、傷の回復も極めて遅くなります。傷が受傷当初、ずきずきと痛んだり腫れたり冷えたりするのはまさにこの邪気の作用による気の欠乏と流通障害です。

 

これらの邪気は、放っておけばいつまでもそこに留まり、あなたの気を消耗し続けるのです。

ある人が怪我や手術の後から元気がなくなり、別人のように変わってしまう事がありますが、

これは、その際入り込んでしまった邪気によるものです。

傷の治療とは、入り込んだ邪気に治療家の気を同調させ、邪気を捕えて抜き出し、からだへの

悪影響をなくしてしまう画期的な治療法です。邪気が抜き取られると部分のこわばりは解除さ

れ、血管やリンパ管が正常に機能し始め、冷えや機能障害も次々に改善されてゆきます。

治療直後は急激に血行が良くなるので、手足がぽかぽか暖かくなる事もよくあります。 物質の

流れの効率が上がるため、回復の速さもその人の最速となります。

気治療専門 加東治療院

wonder-place co.,Ltd.

診察時間 
 月・火・木・金   土  
 祝  日 
13:00 ~ 18:00
 13:00 ~ 16:00

​〒251-0024 神奈川県藤沢市鵠沼橘1-8-1 江ノ電石上駅前 ヤマセビル2F

休診日      水・日 

江ノ電石上駅下車 徒歩1分  ヤマセビル2F

0466-25-4621

​*遠隔治療は休診日でも、  ご利用いただけます。
   遠隔治療通常対応時間 
    9:00 ~ 20:00

完全予約制となっております。まずはお電話ください。

*時間外の対応は、時間外料金が加算されます。